教育とキャリアUP教育とキャリアUP

看護教育・研修

当院は、上五島地域の中核病院として、急性期から慢性期・終末期までのあらゆる患者が受け入れ対象とされる。そのため、さまざまな人々のニーズに対応できるジェネラリストの育成が求められる。クリニカル・ラダーを導入し、質の高い専門的能力と豊かな人間性を備えた、地域に貢献できる看護師の育成をすることを目標に、各個人のレベルに応じたキャリア開発を推進する。

1すべての看護師がひとを大切にし、専門職業人として患者さんに寄り添える知識・技術・態度を身に付けられるように職員の人材育成に努める。
2新人看護職員、1年目、2年目、3年目という経験年数ではなく、一人ひとりがどのように看護実践を重ねてきたかを基盤とし、個別の能力を尊重することを基本に考えて、発達に応じて様々な研修プログラムを用意する。
クリニカル・ラダー
↑達人 レベルⅣ専門性を発揮できる
中堅 レベルⅢ所属部署のメンバーを指導できる
一人前 レベルⅡ自分で考え行動できる
新人 レベルⅠ自ら考慮し適切な援助を受けながら行動できる
クリニカル・ラダー概念図
新人教育レベルI

新人看護師が卒後1年間で習得すべき臨床実務に必要な知識・技術および社会人・専門人としての態度を身につけ、安全にベッドサイドケアができることを目指す。

到達レベル
  1. 1.日常生活援助のための基本的知識・技術・態度を身に付け、ベッドサイドケアが安全・確実に実施できる。
  2. 2.チームメンバーの役割と責任を果たすことができる。
  3. 3.院内・外研修を通して看護知識を深められる。
  4. 4.研究活動に参加する。
新人看護職員を支える組織体制

「新人看護職員1名に対して、実地指導者1名を配置する。看護スタッフ、教育担当者、副看護師長、看護師長と共に部署全体で新人看護職員を見守り、指導・育成するサポート体制を整える。」

看護教育レベルII~IV

看護実践能力をクリニカル・ラダーに沿って、質の高い専門的能力と豊かな人間性を備えた、地域に貢献できる看護師の育成をすることを目標に、各個人のレベルに応じたキャリア開発を推進する。

経験別研修(院内・院外研修)
1.BLS・ACLS・JPTEC研修
  • ・ACLS(二次救命処置)を理解し、実践できる。
  • ・JPETC(病院前外傷プログラム)を理解し、実践できる。
2.気管挿管の準備と介助
3.看護倫理研修
4.フィジカルアセスメント研修
  • ・フィジカルアセスメントの基礎知識・技術を習得し、実践指導に活かす。
5.看護記録
  • ・看護記録の現状の課題を把握し、看護が見える看護記録のあり方を理解する。
  • ・診療情報の取り扱いについて学ぶ。
6.看護研究
  • ・看護研究の目的・意義を再確認すると共に、実戦経験の中から研究課題を見出し、その課題克服に必要な研究方法と態度を習得する。
7.エンゼルケア
  • ・後の処置の目的や手順、そして遺族ケアの実際を理解し学ぶ。
8.ラダーレベル別リーダーシップ研修・レベル評価のち、ステップアップのための研修参加をする。
専門別研修(院外研修)
1.がん看護研修
  • ・がん患者のトータルペインの理解ができる。
  • ・苦痛緩和の方法を理解し、実践できる。
  • ・家族のケアの必要性を理解できる。
  • ・院内スタッフへの教育と情報共有ができる。
2.糖尿病看護研修
  • ・糖尿病患者の理解を深めるために、糖尿病に関する知識を学ぶ。
  • ・院内スタッフへの教育と情報共有ができる。
3.ストーマ研修・ストーマケアの基礎的ケア方法・知識を理解する。
4.ラダーレベル別リーダーシップ研修
  • ・透析療法に関する知識と技術を理解し学ぶ。
  • ・透析患者・家族への看護援助や家族指導ができる。
役割別研修(院外研修)
1.新人看護職者研修
  • ・新人看護職員研修制度を理解する。
  • ・教育的関わりが理解できる。
  • ・新人看護職員の職場適応過程が理解できる。
  • ・メンタルヘルスを正しく理解し、自分および他者の職場における心の健康を図れる。
2.教育担当者研修
  • ・新人看護職員研修制度を理解する。
  • ・教育方法・評価など年間教育の立案に必要な知識を習得する。
  • ・新人看護職員の職場適応過程が理解できる。
  • ・メンタルヘルスを正しく理解し、自分および他者の職場における心の健康を図れる。
3.実地指導者研修
  • ・臨地実習の意義および臨地実習指導者としての役割を理解し、効果的な臨地実習指導ができるよう必要な知識を習得する。
4.中堅ナース研修
  • ・中堅ナースの能力と役割を再確認し、良質な看護を提供する推進者を目指す。
  • ・プリセプターの支援者として知識・技術を習得する。
5.副看護師長研修
  • ・「楽しい、主任さんの支援塾」中間管理職としての役割を理解する。
  • ・副看護師長としての課題の発見と看護実践能力を養う。
6.認定看護管理者研修
「ファーストレベル」
「セカンドレベル」
  • ・看護管理者としての、管理に関する基本的知識・技術・態度の修得を目指す。
  • ・看護を提供するための組織化、ならびに運用の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を修得する。
  • ・組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を養う。
各委員会別研修(院外研修)
1.リスクマネジャー研修(Ⅰ・Ⅱ)
  • ・医療・看護におけるリスクマネジメントの基礎知識を理解し、患者の安全を保証するための役割遂行能力を養う。
2.感染管理研修(Ⅰ・Ⅱ)
  • ・感染管理の基礎知識を理解し、感染看護を推進するためのリーダーとしての役割遂行能力を養う。
3.看護研究研修
  • ・看護研究の基礎的手法を理解し、臨床での看護研究に役立てる。
4.褥瘡・創傷対策研修
  • ・褥瘡リスクアセスメントを適切に行い、発生予防ケアと褥瘡ケアの知識・技術を習得する。
5.口腔ケア・摂食・嚥下リハビリテーション研修
  • ・摂食嚥下障害に対する意識を高め、障害の早期発見やリハビリ技術を習得する。
  • ・口腔ケアのノウハウを理解し、口腔ケア改善への働きかけができる。
6.離床促進・呼吸リハ研修
  • ・呼吸リハビリテーションの意義を理解し、技術を習得する。
  • ・離床にむけて、積極的なアドバイスできる。
7.救急・災害看護研修会
  • ・救急に結びつくサイン(初期評価)を読み取ることができる。
  • ・急変対応の処置・介助ができる。
  • ・災害看護活動へ参加できる。院内では、スタッフへの教育ができる。(DMAT参加)
8.慢性疾患患者の理解と支援研修
  • ・生活習慣病に関する知識・理解を深める。
  • ・慢性疾患患者の指導能力が高まる。
9.接遇研修会
  • ・職員全員が接遇に深い関心をもち、接遇レベルの向上とともに患者へ満足のいく対応が実現できる。
10.メンタルヘルス研修会
  • ・メンタルヘルスについて正しく理解し、自分と職場における心の健康が図れる。

教育とキャリアUP

再就職支援
ブランクのある看護師の方へ

画像1 ブランクのある看護師の方への支援では、「看護業務トレーニング」を行います。これは、就業前1~2週間を業務トレーニング期間と設け、退職中のブランクの穴埋めと不安解消につなげます。このトレーニング期間中も時間給が支給され、就職を決定するにあたり丁寧にそして、本人の意向を第一優先として考えます。

生涯学習支援
10年以上の経験をもつ准看護師の皆さんへ

勤務しながら看護師への通信制課程への進学が可能です。当院では、通学や受験前の学習時間の確保などでは、勤務調整を行い資格取得のため病院挙げて協力をしています。現在までに2名の合格者と今現在1名の進学者がいます。

研修発表会

画像2 看護の質の向上・看護サービスの提供・看護業務改善を目的に、各部署で毎年看護研究を行い、院内看護研究発表を実施しています。優秀賞に選ばれた演題は、各々の学会で発表しています。中には、個人で研究および発表する人もいます。

日本看護学会、九州手術看護学会、ルーラル看護学会、全国自治体病院学会、長崎看護学会、長崎県地域医療研究会、日本消化器学会など

先輩たちが習得した資格
・認定看護師
・呼吸療法士
・消化器内視鏡技師
・透析技術認定士
・ケアマネージャー
・がん性疼痛看護認定看護師
・ACLS・BLSプロバイダーコース
・JPTECプロバイダーコース・DMAT
・嚥下・摂食コーディネータ
当院の認定看護師
摂食嚥下障害看護認定看護師

画像3 摂食・嚥下障害は、脳卒中や頭頸部疾患の後遺症であるだけでなく、長く経口摂取をしていなかったことによる廃用症候群、加齢による影響の一つとして起こりえる障害といわれています。摂食嚥下障害看護認定看護師は、食べることに困っている患者さんに対して、専門的アセスメントを行い、安全に食事を楽しむ事を支援していく役割があります。
主な活動内容は、毎週金曜日の活動日を通して、全病棟の摂食嚥下障害を持つ患者さんに介入し、口腔ケア、姿勢調整、嚥下機能評価、嚥下訓練、食形態の調整などの実践を通し、患者さんが食べるために必要な看護ケアについて、病棟スタッフヘ指導を行っています。また、NST(栄養サポートチーム)活動のなかで、NST回診、嚥下内視鏡の介助なども行っています。
患者さんの「食べたい」という気持ちや、ご家族の「食べさせたい」という思いに寄り添い、その人らしい生活を支えていけるような看護を目指しています。

がん性疼痛看護認定看護師

画像4 がん性疼痛看護認定看護師は、がんの疼痛マネジメントを行い、疼痛緩和ケアを提供するため、痛みに合わせた適切な薬物使用と管理や対処方法など専門の教育を受けた看護師です。がんの痛みは身体的苦痛、精神的苦痛、社会的苦痛、スピリチュアルペインと様々な要因が重なって生じると言われており、痛みに対し全人的な視点で介入していく必要があります。また、がんの初期段階から痛みをコントロールすることで、自分らしい生活を送ることができるので、早期からの患者さん、ご家族への租極的な介入を心がけています。
がんになっても変わらず、その人らしい生き方を全力で支援することが私の使命です。お話しすることで気持ちが楽になることもあるかと思いますので、ご相談があればどうかご気軽に声をおかけ下さい。
主な活動内容は、①病棟での患者さん・ご家族への看護実践、②患者さん、ご家族への説明時の同席と支援、③院内ラウンド(1回/週)、④スタッフに対する患者さん・ご家族へのケア方法の相談や指導、⑤がん性疼痛看護に対するスタッフ教育、など。
※毎週火曜日ががん性疼痛看護認定看護師の活動日となっています。

糖尿病看護認定看護師

画像5 糖尿病は、生涯にわたる自己管理を必要とする病気ですが、糖尿病の療養生活は、さまざまな我慢を強いられる大変困難なものです。新上五島町は、糖尿病患者が多い地域であるにも関わらず、糖尿病専門医が不在であるため、病院だけでなく、役場や保健所と連携しながら患者さんを支援しています。
院内での活動としては、教育入院中の患者さんを対象に糖尿病教室を開き、病気や治療に関する話をしています。糖尿病教室で、特に力を入れて患者さんにお伝えしていることは、糖尿病連携手帳を活用した検査値の見方や合併症についての話です。定期的に外来を受診していても、自分の病態をきちんと理解していない患者さんも多くおられます。糖尿病の自己管理は、病気のことや、自身の病態を正しく理解することから始まると私は思います。患者さんが、自身の病態を理解し、主体的で充実した療養生活を継続できるようサポートしていきたいと思っています。
週1回の活動日には、病棟をラウンドし、病棟スタッフの相談に応じたり、患者さんと面談を行っています。外来での活動は主に、糖尿病外来での療養指導ですが、それ以外にも、インスリン導入時の指導や、療養生活が困難な患者さんの療養相談に応じることもあります。
今後は、困難な症例にもチームで取り組んでいけるよう糖尿病の仲間を増やす活動にカを入れていきたいと思います。

看護教育・研修

新人看護師目標
区分4月5月6月
目標
  • ・職場に慣れる
  • ・コミュニケーションが取れる
  • ・先輩看護師の下、バイタルサイン測定
  • ・日常生活の援助ができる
  • ・連絡、相談、報告ができ、その日の行動計画を立てることができる
  • ・助言のもと、安全安楽に看護を実施し記録できる
  • ・休日のケア処置業務が指導のもとできる(+1人体制で)
  • ・自己の課題を明確にできる
  • ・エビデンスを確認し看護実践が出来る
  • ・指導のもと急変時にチームメンバーとしての役割が理解できる
日勤勤務
  • ・日勤業務、週間業務が分かる
  • ・指導を受けながら行動計画を立て時間内に業務を終了する
  • ・電子カルテ操作できる
  • ・清潔の援助ができる
日勤勤務メンバーとしての役割を理解し、指導のもと処置・ケアなどを率先してできるようになる。
  • ・軽症患者を5名程度担当(検温)
  • ・入院受けを指導の下できる
  • ・指導のもと処置やケアが出来る
  • ・内服薬や点滴(側管からの抗生剤、側管からの静脈注射)ができる
  • ・内服薬の投薬や処方薬の処理ができる
  • ・5~10名の患者を担当看護師として受け持つ
  • ・予定入院患者を受け入れる
  • ・予定手術を指導のもと受け持つ
  • ・指導のもと医師の指示受けができる
休日勤務
  • ・休日の業務内容が分かる
  • ・休日の薬局への薬の取り扱い方法を知る
  • ・休日の薬局での薬の取り扱いを実施できる
  • ・ケアを介護士と一緒に出来る
準夜

深夜勤務
  • ・夜勤業務を経験する
    (夜勤メンバーとしての役割を理解する)
区分7〜9月10〜12月1〜3月
目標
  • ・休日の業務を一人でできる
  • ・基準、手順を確認し分からないことに関して自分で調べることができる
  • ・チームメンバーの役割を果たす事ができる
  • ・指導を受けながら入院~退院までの過程を理し実施できる
  • ・先輩看護師の支援を受けながら準・夜勤のメンバーの一員として業務ができる
  • ・患者の全体像を把握してケアができる
  • ・未経験の技術の習得を自ら積極的にすることができる
  • ・医師へ指導のもと報告できる
  • ・緊急入院患者の受け持ちができる
  • ・急変時指示に沿って行動ができる
  • ・指導をうけて退院にむけての指導ができる
  • ・カンファレンスで自分の意見を発言できる
日勤勤務 日勤勤務メンバーとしての役割を理解し、
指導のもと処置・ケアなどを率先してできるようになる。
  • ・指導のもとその日の担当看護師としての担当患者の看護展開ができる
  • ・指導のもと重症患者を1人程度担当看護師として受け持つ
  • ・一通りの業務を一人でできる(分からないこと不安なことは自ら先輩看護師に相談できる)看護展開
  • ・患者の状態からアセスメントしてケアを検討できる
休日勤務
  • ・休日の薬局での薬の取り扱いを実施できる
  • ・ケアを介護士と一緒に出来る
準夜

深夜勤務
  • ・夜勤業務を経験する
    (夜勤メンバーとしての役割を理解する)
  • ・夜勤業務を一通りできるようになる(分からないこと不安なことは自ら先輩看護師に相談できる)
  • ・通常サイクルに組み入れ、夜勤業務を行う
    (9月〜12月)

レベルI(新人教育)

入職時看護部オリエンテーション
期間/4月(5日間)
内容/チェックリスト・評価

上五島病院の理念・概要を知り、専門職業人・社会人・組織の一員として心構えする。

区分教育内容研修のねらい
講義 看護部の理念・方針 組織の一員としての心構えがもてる。
院内教育について キャリア開発を理解し、目標設定ができる。
看護倫理 看護倫理の基礎知識を学び、看護の基盤とする看護職の倫理を理解する。
接遇研修 職業人として身に付けるべき姿勢と態度を養う。
暴力・防犯への対応 不当要求行為対応を理解する。
メンタルヘルスについて メンタルヘルスについて理解する。
情報管理について 個人情報保護に関する基本的考え方を習得。
電子カルテ操作演習 電子カルテの基本操作を学ぶ。
感染管理
①感染対策基本
②手指消毒実演
基礎的な感染管理を学び、実践に役立てる。
安全な与薬のために 麻薬・劇薬・毒薬の管理と実際について学び、正しい与薬のし方を理解する。
看護記録の書き方 電子カルテでの演習を通し、正しい看護記録が書ける。
NANDA看護診断を学ぶ。
看護記録の意義を理解する。
医療安全対策について 医療安全対策の基本について理解する。
災害時対応について 院内災害マニュアルを理解する。
演習 手洗い、ガウンテクニック
マスクの正しい装着
テープのはがし方・貼り方
針刺し事故防止
KYTトレーニング
私の目指す看護について・1年後の私へ。
グループワーク 私の目指す看護について・1年後の私へ。
新人看護職員1ヶ月後
期間/5月(2日間)
内容/OJT・チェックリスト・評価・個人面談

基礎的看護知識・技術・態度を習得し、臨床看護実践能力の向上を図る。

区分教育内容研修のねらい
講義 輸液ポンプ・シリンジポンプの安全な使用と取り扱い 輸液ポンプおよびシリンジポンプの原理を理解し操作できる。
転倒転落防止 せん妄患者・認知症患者のアセスメントを行い、ケアできる。
褥瘡予防(創傷管理) 褥瘡予防対策および看護ケアについて学ぶ。
輸血管理について基礎知識 安全な輸血療法および輸血業務の流れについて学ぶ。
点滴の準備・管理 点滴の準備・管理(輸液療法の計算問題)ができる。
静脈注射・筋肉注射・皮下注射
(インシュリン・BSチェック)
安全に実施することができ、かつ薬剤の基礎知識を学ぶ。
演習
グループワーク
基礎的看護技術
(清拭・洗髪・足浴・排泄介助・食事介助・車椅子やストレッチャー介助)
静脈採血
安全な喀痰吸引と観察ポイント
心電図モニターの取り扱い
新人看護職員3ヶ月後
期間/7月(2日間)
内容/OJT・チェックリスト・評価2日間

臨床看護実践能力向上と共に自己精神衛生を保つ方法を学び職場への適応に活かす。

区分教育内容研修のねらい
講義
院外研修
(看護協会にて)
人間関係の技術と心理過程
患者・家族へのわかりやすい説明
対人関係の基礎知識を理解し、良好な人間関係の能力を身につけ看護に生かす。
講義
院内研修
心電図の基本 心電図の基本知識及び正常・異常波形について理解する。
救命救急処置について BLS・ACLSを学び、緊急時の判断・対応方法を習得する。
バルン留置について 安全に実施するための知識・技術を習得する。
フィジカルアセスメントについて 呼吸・循環の見方と人工呼吸器の管理と患者ケアが理解。
看護過程と実践 受け持ち患者を担当し、日常の看護が実践できる。
(情報収集・看護計画立案・ケア実施・評価の一連の流れができる)
演習 DC(除細動器)
吸引
採血
点滴確保
グループワーク 3ヶ月を振り返りと課題整理。
期間/6月~9月
区分教育内容研修のねらい
講義
院外研修
(看護協会にて)
医療安全について 医療安全を確保するための基礎的知識を理解する。
看護専門職業人として 自己学習の意義・継続について理解し、取り組むことができる。
看護倫理・医療倫理について 看護職員としての自覚と責任ある行動がとれる。
組織における役割・心構えについて 組織・施設・自分の役割について理解し、役割行動実践へ生かすことができる。
感染予防対策について 感染対策の基礎知識を再確認し、標準予防策が実践できる。
救命救急処置について BLS・ACLSを学び、緊急時の判断・対応方法を習得する。
情報管理について 情報の取り扱いが適切にできる。
業務管理について 業務管理の基礎知識を理解し、日常業務を効率・効果的に実践できる。
物品管理について 物品管理の基礎を学ぶ。
コスト管理について コスト管理の基礎知識を理解し、日常業務で実践できる。
時間管理について 時間管理の基礎知識を理解し、日常業務で実践できる。
新人看護職員6ヶ月後
期間/10月
内容/OJT・チェックリスト・評価・個人面談

24時間での勤務の流れを理解し、活動できる。看護の様々な場面で安全に対処できる方法を学ぶ。

区分教育内容
入職6ヶ月を振り返り、今後の課題と研修内容の評価をする。
新人看護職員11ヶ月後
期間/2月
内容/チェックリスト・評価・個人面談

看護過程を看護実践に活かせる。フィジアカルセスメントが理解できる。チーム活動ができる。

区分教育内容
フィジカルアセスメントの理解評価
看護過程と看護実践の評価
グループワーク
1年を振り返って
1年目の看護師への期待と役割
現在の自分自身の問題と問題点
来年に向けての目標と決意
⻑崎県看護協会主催 新人看護職員集合研修シリーズへ参加して頂きます