初期臨床研修医

初期臨床研修医

あなたが目指す医師のイメージは出来ていますか?

上五島病院は離島医療の発展に深く関わっており、真の地域医療・離島へき地医療を経験できる病院として、「医師」になるための本質に迫ることが出来ます。また、地域住民の患者さんとの交流を深めることで医療の原点が実感出来ます。


研修に最適な環境

上五島病院には、離島という地域特有の色々な場面があります。その場面は上五島病院でしか出会えない場面であり貴重な経験です。そして、多くの島民の患者さんとふれあうことで、他では学べない様々な事を学んで行くことが出来ます。もちろん、医師としても、人間としても尊敬できる優秀な指導医が数多く在籍しています。上五島病院にきて地域医療に携わることで、人間として広い視野を持ち、真の医療を行える医師に成長できます。


マッチング環境

上五島病院の初期研修プログラムはマッチングに参加しています。
マッチング方法の詳細は、医師臨床研修マッチング協議会(http://www.jrmp.jp/)をご覧ください。

上五島病院の卒後臨床研修プログラム(初期臨床研修)をご紹介


研修開始時期

本研修プログラムは、年度の4月から開始します。

研修プログラムの目標

卒後臨床研修制度の基本理念である「医師としての人格を涵養し、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付ける」を達成するために、基本能力の習得に格好のフィールドである大離島地域において、基幹病院を中心として地域病院および本土病院との連携を取りながら、十分な研修ができるようなプログラムを作成しました。

研修プログラム責任者・指導医

統括責任者 八坂 貴宏(病院長)・外科
臨床研修実施責任者 小森 一広(医療情報部長)・小児科
指導医 本田 徹郎(内科医長)・内科
指導医 一宮 邦訓(整形医長)・整形外科

研修プログラム定員

研修プログラム総定員を6名(1学年3名)とする。

募集定員

長崎県上五島病院卒後臨床研修プログラム定員:3名

研修病院の構成

基幹型臨床研修病院 長崎県 上五島病院
協力型臨床研修病院 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター
長崎県精神医療センター
臨床研修協力施設 長崎県 上五島病院附属有川医療センター
長崎県 上五島病院附属奈良尾医療センター
小値賀町国民健康保険診療所
長崎県 上五島保健所

本研修プログラムの特徴

長崎県の大離島地域(対馬、壱岐、五島列島など)は、昭和43年の長崎県離島医療圏組合の設立、昭和45年からの長崎県医師養成制度、昭和47年からの自治医科大学派遣制度により、長崎方式の地域医療システムの構築、施設整備、医師確保が進められ、現在では一部の3次医療を除いて、地域完結型の包括ケアーが行われている。卒後臨床研修制度の基本理念である「医師としての人格の涵養」「プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)」を身に付ける上では、非常に有利な地域性、社会性、地域医療システムがあり、本土病院と連携することで、医療連携、遠隔医療、専門医療も学ぶことができる。

当院は、へき地医療拠点病院、地域基幹病院として地域医療の提供、専門医療の提供、地域救急医療の展開、ヘリコプターによる救急搬送、一括検診、訪問看護・在宅医療、地域リハビリテーション活動、医療情報システム・地域医療ネットワークの構築、地域疫学研究活動など、地域における医療・保健・福祉の統合、連携を目標に業務を展開している。そのような環境の中で、全人的医療の実践できる臨床医、マネージメントリーダーとして医師はどのようなものなのか、日々研修を行いながら考えることができる。

研修の評価及び終了認定

研修医の評価 研修医は研修医手帳により自己の研修内容を記録、評価し、経験した症例の要約を作成する。指導医は研修期間ごとに受け持ち医の観察・指導を行い、目標達成状況を研修医手帳、EPOC(オンライン卒後臨床研修評価システム)から把握し、形成的評価を行う。看護師や技師などの医療スタッフからも意見を聴取して評価する。担当指導医は全期間を通して研修実施状況を把握し、研修医にフィードバックするとともに、最終的な評価を行う。
指導医の評価 研修終了後、研修医による指導医、診療科の評価が行われ、その結果は指導医、診療科へフィードバックされる。
研修プログラムの評価 研修プログラム(研修施設、研修体制、指導体制)が効果的かつ効率よく行われているかを、年1回定期的に研修管理委員会で自己点検・評価し、その結果を公開する。

研修プログラム

研修期間

1年目 主に必修科目を研修します。
2年目 選択必修科目および選択科目を研修します。

必修科目

内科 6ケ月間研修します。(総合内科6ケ月)
救急部門 長崎医療センターにて3ケ月間研修します。
地域医療 臨床研修協力施設で1ケ月研修します。

選択必修科目

外科 4ケ月間研修します。
小児科 2ケ月間研修します。
産婦人科 協力病院にて2ケ月間研修します。
麻酔科 協力病院にて2ケ月間研修します。

将来専門としたい選択科目

希望する科を自由選択し研修します。

プログラムローテート形式

プログラム(1)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 内科 外科 小児科
2年次 救急科 麻酔科 産婦人科 地域医療 選択
プログラム(2)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年次 外科 小児科 内科
2年次 産婦人科 救急科 麻酔科 地域医療 選択

研修場所

内科・外科・小児科・整形外科・眼科 長崎県上五島病院
救急科・麻酔科・産婦人科・放射線科 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター
精神科 長崎県精神医療センター
地域医療 長崎県上五島病院附属有川医療センター
長崎県上五島病院附属奈良尾医療センター
小値賀町国民健康保険診療所
長崎県上五島保健所
その他の選択科 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター

研修実績

基幹型臨床研修病院として(マッチングあり)

人数 出身大学
2008年 0
2009年 1 長崎大学
2010年 0
2011年 2 長崎大学、順天堂大学
2012年 1 長崎大学

協力型臨床研修病院として(延数)

地域医療研修(1か月)
人数 基幹型臨床研修病院
2005年 12 長崎医療センター
2006年 14 長崎医療センター
2007年 8 長崎医療センター7、杏林大学1
2008年 2 杏林大学1、東京医療センター1
2009年 4 聖路加国際病院2、杏林大学1、東京医療センター1
2010年 6 杏林大学2、名古屋医療センター2、長崎医療センター1、長崎大学1
2011年 6 杏林大学3、長崎医療センター1、長崎大学1、長崎県島原病院1
離島医療総合研修:内科、外科などの総合的な研修(1-6カ月)
人数 基幹型臨床研修病院
2005年 4 長崎医療センター
2006年 2 長崎医療センター
2007年 4 長崎医療センター3、長崎大学1
2008年 3 長崎大学2、長崎医療センター1
2009年 1 長崎大学
2010年 1 長崎医療センター
2011年 3 長崎医療センター2、長崎大学1
内科、外科選択研修(3か月)
人数 基幹型臨床研修病院
2005年 0
2006年 0
2007年 1 長崎医療センター
2008年 1 長崎医療センター
2009年 1 長崎医療センター
2010年 0
2011年 0
初期研修医の募集要項はこちら
研修医募集 MOVIE
  • 病院見学
  • 先輩医師の声
  • 医学生の声
  • ロケーション
  • お気軽にお問い合わせください

ページトップへ