令和元年度 長崎県上五島 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 77 42 44 69 97 168 414 641 783 328
令和元年度中に当院の一般病棟を退院された患者さんの年齢を10歳刻みで集計しております。
離島という地域性もあり、年々過疎化と高齢化が進んでいます。
当院への年齢別患者数もこれを反映したものとなっており60歳以上の入院が80%以上を占めていることがわかります。

※集計患者数については「病院情報の公表の集計条件等について」の通知に従い作成をしています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 136 23.23 20.84 0.74 86.77
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 116 2.14 2.63 0.00 66.31
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 77 24.40 17.71 0.00 88.13
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 52 17.67 12.58 1.92 81.63
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 46 14.13 9.79 2.17 81.57
内科の上位5分類疾患です。
上位5分類疾患の平均年齢は全て60歳以上です。

当院は新上五島町で唯一の入院病床を有する病院なので幅広い分野の診療を行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 6.35 6.17 0.00 0.00
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 16 8.38 6.64 0.00 5.25
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし - - - - -
100380xxxxxxxx 体液量減少症 - - - - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
小児科の上位5分類の疾患です。
10歳未満の患者数が昨年とくらべると33人減少しています。
平均在日数は全国平均値と変わらないことがわかります。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 21 7.81 4.85 0.00 71.57
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 17 2.76 2.49 0.00 72.00
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 14.75 7.34 8.33 78.90
060370xx99x00x 腹膜炎、腹腔内膿瘍(女性器臓器を除く。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 21.36 12.77 0.00 67.91
060020xx97x00x 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
外科の上位5分類疾患です。
外科の入院目的は手術、化学療法、緩和治療、経過観察など様々です。
当院は新上五島町で唯一の入院病床を有する病院です。
高齢者が多く、複数の疾患をもつ患者さんが多いので
複数の診療科で入院されるケースも多いです。

※集計患者数については「病院情報の公表の集計条件等について」の通知に従い作成をしています。
  例えば1回目の入院が外科であっても、2回目に骨折で入院すると整形外科に集計されます。
※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 42 49.17 25.94 0.00 82.83
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 27 47.30 19.40 0.00 80.30
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 19 36.53 23.56 0.00 73.84
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 18 15.94 5.54 0.00 72.33
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - - - -
整形外科の上位5分類疾患です。
高齢者の転倒による骨折が多く、骨接合術、人工骨頭置換術、骨折観血的手術を行っています。
また、変形性膝関節症に対しては人工関節置換術を多く行っています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 17 13.94 19.06 35.29 28.82
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 13 5.77 5.59 7.69 31.08
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 副傷病なし - - - - -
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし - - - - -
120230xx02xxxx 子宮の非炎症性障害 子宮鏡下子宮中隔切除術、子宮内腔癒着切除術(癒着剥離術を含む。)等 - - - - -
産婦人科の上位5分類疾患です。
主な入院目的は妊娠出産に関する疾病です。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 141 3.01 2.78 0.00 79.86
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 - - - - -
020280xx99xxxx 角膜の障害 手術なし - - - - -
020360xx99xxxx 眼球の障害 手術なし - - - - -
眼科の上位5分類疾患疾患です。
主な入院目的は白内障の手術目的です。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 1 17 13 2 3 1 7
大腸癌 12 7 8 4 5 8 1 7
乳癌 1 13 2 1 3 0 1 7
肺癌 3 0 2 21 4 8 1 7
肝癌 0 3 2 3 1 10 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では健康診断時に胃カメラを推奨し、早期胃癌の発見に努めています。
また、各種癌検診の受診を促し、癌の早期発見に努めています。
外科的治療、化学療法を行い必要によっては他医療機関に紹介し、放射線治療等を行いその後のフォローも行っています。
胃癌、大腸癌、乳癌に増加傾向が見られます。
肝癌では再発に増加傾向が見られます。
不明者数はすべて検査のみ入院で確定されていない患者さんです。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 8 9.25 57.00
中等症 30 11.90 76.13
重症 12 21.33 79.83
超重症 2 9.00 82.00
不明 0 0 0
市中肺炎とは、普段の社会生活を行っている中で罹患した肺炎のことをいいます。
肺炎の重症度については、日本呼吸器学会で公表されている成人市中肺炎診療ガイドラインに基づいて分類しています。
当院では中等症57.69%、重症以上23.07%となっていて、年齢も高いほど重症化する傾向があります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 52 30.38 80.58 8
その他 9 23.67 83.00 0
脳梗塞の病型患者数、平均在日数、平均年齢、転院率を示したものです。
当院では発症日から3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが多く、必要に応じて遠隔画像診断等を用い専門医の指示のもとに治療にあたっています。
また、手術等の必要性がある症例についてはヘリコプターとうにより専門治療ができる病院へ紹介しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 123 0.07 1.07 0.00 67.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 35 6.17 17.51 1.86 62.71
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 20 3.95 5.55 0.00 68.35
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う) 13 6.38 8.85 0.00 79.38
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
令和元年度に内科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3692 咽頭異物摘出術(複雑) - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
令和元年度に小児科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 1.65 20.00 0.00 69.48
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 13 1.46 5.15 0.00 70.54
K6335 鼠径ヘルニア手術 11 2.45 6.82 0.00 75.55
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 - - - - -
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -
令和元年度に外科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 38 4.18 47.71 0.00 82.66
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 25 1.48 34.56 0.00 74.36
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 16 2.50 21.13 0.00 77.75
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 12 6.00 40.83 0.00 80.17
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) - - - - -
令和元年度に整形外科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) - - - - -
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) - - - - -
K9122 異所性妊娠手術(腹腔鏡によるもの) - - - - -
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) - - - - -
令和元年度に産婦人科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 139 0.01 2.00 0.00 79.87
K279 硝子体切除術 - - - - -
令和元年度に眼科へ入院となった患者さんの手術別患者数で、患者数上位5位までを表しています。

※患者数が10未満の場合、個人情報保護の観点より「-」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 3 0.11
180010 敗血症 同一 5 0.19
異なる 5 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.30
異なる 1 0.04
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)を集計しました。
更新履歴
2020/9/11
令和元年度病院指標を掲載しました。