若手医師募集

離島・へき地医療の魅力離島・へき地医療の魅力

医師を目指す学生の方へ 長崎県上五島病院初期臨床研修プログラムの特長

総合診療+専門診療、在宅ケア、介護、保健と、島民の暮らしを支える包括ケアの中心として活躍出来る、やりがいのある環境です。

あらゆる疾患に対応できる、全人的な医療を実践する医師を目指せます。

医師として幅広い経験を積みたいか方、どのような道に進みたいか迷っている方は、上五島病院で働いてみませんか。離島という特有の環境でしか学べない多くの臨床経験は、医師として貴重な経験となります。

離島でなければできない多くの経験、研修に最適な環境

風光明媚で食が豊かな上五島は生活を送るのに非常に良い環境です。そんな島で人情味、まるみのある島の人々との距離の近い医療の実践は、総合診療専門医として多くを学べる環境です。

画像1画像2画像3 画像4画像5画像6
上五島の医療環境
長崎県新上五島町は、九州の西端、長崎県五島列島の北部に位置する7つの有人島からなる人口約20000人の町です。基幹産業である水産業が衰退し、高齢化率は34%に上昇、人口は減少の一途を辿っていますが、西海国立公園に属し、世界遺産暫定リストである「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の教会があるなど、風光明美な祈りの島でもあります。 長崎県の離島医療政策は、昭和43年の長崎県離島医療圏組合の設立、昭和45年の長崎県医学修学資金貸与制度に始まり、医療体制の構築、経営の安定化等、ハードとしての医療システム開発、ソフトとしての医師をはじめとした人材育成を行い、この両輪が現在も離島医療の礎となっています。
さて、上五島地域の医療体制は、現在図のようになっており、長崎県病院企業団の1病院、2診療所と新上五島町立の3診療所、8出張診療所、民間の開業医院1施設で構成されています。
平成20年から4年間かけて、新上五島町医療再編計画にのっとり、住民、行政、医療者が協力しあいながら、医療施設の機能分化、病床数の削減、医療連携の強化、医療情報の共有化が進められ、2病院の診療所化、病床数計148床の削減、医療従事者の勤務環境の改善がなされました。
入院は上五島病院に集約され、一次医療は島に点在する診療所で行われる形態となり、島民医療の確保、質の向上に寄与していると考えられます。
医療環境図
お問合せはこちら
是非見学にお越しください

病院機能病院機能

上五島地域の完結型包括ケアを目標としています。
  • 医療分野として、島民医療の提供、2次医療機関として入院診療・専門医療の展開、ヘリコプター搬送を利用した地域救急医療の確保、遠隔医療の導入。
  • 保健分野として、検診の実施、健康教室の開催、母子保健、学校保健、産業保健の推進。
  • 介護福祉分野として、療養病床の運営、訪問看護ステーションの併設、町との共同による在宅医療介護連携支援センターの運営、介護福祉施設との連携。
お問合せはこちら
是非見学にお越しください

募集要項募集要項

DOCTORDOCTOR

募集一覧
募集名 離島病院、診療所勤務希望の若手医師
人数 若干名
勤務施設
  • 長崎県上五島病院
  • 長崎県上五島病院附属診療所 有川医療センター
  • 長崎県上五島病院附属診療所 奈良尾医療センター
    (勤務施設は相談に応じます。)
給与等勤務条件
  • 1)身分:長崎県病院企業団職員
    (一部事務組合の地方公務員)
  • 2)給与:企業団医療職(一)給与表による
    経験年数10年で年俸約1600万円
  • 3)勤務:週5日、 1日8時間勤務
  • 4)兼業:不可
  • 5)休暇:夏季休暇3日程度、年末年始休 暇6日程度、
    他に年休年20日まで
  • 6)社会保険の有無公的医療保険:
    地方共済組合、公的年金保険:厚生年金保険、
    労災保険・雇用保険適用:有
  • 7)宿舎の有無:有(家賃月1万5千円)
  • 8)赴任転任旅費:負担あり
  • 9)健康管理:健康診断実施(年2回)
  • 10)医師賠償責任保険の適用:個人負担
  • 11)病院外での研修活動、学会への参加:可能(公費出張あり)
採用期限 随時
備考
  • 附属診療所については、夜間当直はありません。
  • 短時間勤務などのご希望も相談に応じます。
  • 24時間病院託児所が利用でき、女性医師も歓迎します。
見学申込み・応募・お問い合わせ メールまたはお電話にてご連絡ください 0959-52-3000
見学・お問い合わせ・応募はこちらから
見学・お問い合わせ・応募はこちらから